過敏性腸症候群

千葉県柏市にある辻仲病院柏の葉・漢方未病センターで医師をしている喜多敏明と申します。

私は漢方一筋30年の経験で得た極意を、治療家の先生方に伝授するスクールを開校しています。

「自律神経や内臓の病気や痛みで苦しんでいる人は、その病気や症状はもちろんのこと、世の中に氾濫している情報にも振り回されて、とても辛い状況にある。それを、なんとかしたい。」

そう言って私のスクールにこられたのが、かんなり治療院の神成先生でした。

かんなり治療院では、鍼灸と整体、それぞれを用いて自律神経・内臓と骨格を調整することにより、薬だけに頼ることなく、慢性膵炎や慢性腎臓病、内臓からくる様々な痛み、不調を改善するという驚くべき成果を出しておられます

 

ただ単に、症状を改善させていくだけではありません。

病気や症状に囚われない生き方に気づき、より良い人生を構築できるようにサポートされている素晴らしい先生です。

 

辛い症状を改善したい方はもちろんですが、これからの人生を病気や痛みに囚われず、充実した人生にしていきたい方にこそ、私が信頼する神成先生とご縁を結び、幸せになっていただきたいと願っています。

line

今日も朝の通勤電車で、おなかが張るな。

なんだかお腹が痛くなってきた・・・

途中の駅で降りてトイレに行かなければ・・・

 

でも次の駅、トイレどこにあたっけ。

ヤバい。

 

これは過敏性腸症候群ののある男性の経験談です。

このような過敏性腸症候群の症状でお悩みではありませんか?

  • 朝の通勤電車でお腹が痛くなる
  • おならがよく出る
  • よくお腹がゴロゴロなる
  • お腹がいつも張っている感じ、膨満感がある
  • 下痢・便秘、もしくは下痢と便秘を繰り返す
  • 何らかのプレッシャーを感じると、必ずと言っていいほど便意がくる

このような状態、ツラいですよね。

でも、もう大丈夫です。

当院の施術でこの状況から抜け出しましょう。

あなたの過敏性腸症候群を良くするためにも、まずは簡単にご自身の症状がどのようなものなのか知っておく必要があります。

  • もう一生付き合うものとあきらめている
  • 病院以外の治療法を試してみたい
  • 自分自身でコントロールする術を知りたい

そのような方は一度当院にご相談ください。

ホームページ特典は毎月15名様限定となります。

※ホームページ割引適応の場合、初回は施術料金のみの8,000円となります。

高校生以下〜初見料2,000円
施術料6,000円(初回のみ初見料がかかります。)

※高校生以下はホームページ割引適応の場合、初回は施術料金のみの6000円となります。

過敏性腸症候群とは

過敏性腸症候群は、自律神経が乱れる事で起こります。

自律神経は活動時に働く交感神経と、休息時に働く副交感神経とあります。

過敏性腸症候群は主に副交感神経の機能の異常亢進の時に起こります。

そのため、あなたも自律神経の事を知っておく必要があります。

そもそも自律神経失調症とはどういうものなの ?

自律神経には交感神経と副交感神経の2つからできています。

よくアクセルとブレーキに例えれれるのですが、交感神経は活発に活動するときに働くアクセル のようなもの、そして、副交感神経は睡眠時やリラックスするときに働くブレーキのようなもの です。

健康であればこの2つは状況に合わせて切り替わり、バランスを保っています。

交感神経、副交感神経

それが食事やストレス、生活習慣などの影響でどちらかのバランスが崩れることによって、身体に不調 をもたらす。

これが自律神経失調症です。

自律神経は人間のあらゆる活動に影響しているため、自律神経が乱れることで、 ひどい肩こり・頭痛・めまい・耳鳴り・不眠・朝起きれない・脱力感、そういった症状がでてきいます。

病院では・・・

主に自律神経が乱れたことによって出てきた症状に対して薬を出されることが多いです。

今すぐこの症状をなんとかしたいと考える場合は、病院の薬が効けば症状を抑えるには有効な手段だと言えます。

ですが、薬を飲み続けていると、だんだん効かなくなったり、薬がきつくなったり量が増えたりするため不安になる方も多いようです。

鍼灸・整体では・・・

乱れた自律神経を整える施術を行います。

鍼灸では、ツボを使い経絡というエネルギーの流れるラインを調整することで五臓六腑を整え、整体では脳が入ってる頭蓋・自律神経 が通っている背骨の歪みを整えることで調整を図ります。

経絡・五臓六腑や頭蓋・背骨を整えることでその結果として自律神経が整い、出ていた症状の改善を図るというのが鍼灸や整体の考え方です。

そのため薬のようにダイレクトに症状に対してアプローチするのではなく、身体の中の環境が改善していくことで症状も良くなっていくため、改善までにはタイムラグがあります。

身体が正常な状態に戻ったにも関わらず症状が改善されない場合は、改善の速度よりも、 悪化する速度のほうが早い場合です。

この場合はいくら経絡・五臓六腑を整えたり、骨格を調整してもなかなか改善しません。

その場合は、あなた自身でも日常から経絡の流れを整え、自律神経を整えていく事でより改善しやすくなっていきます。

さらに当院では・・・

当院では、鍼灸や整体を使い自律神経を整えることはもちろんですが、あなた自身を変えいただ き、自分でも日常から自律神経を整えることができるようにお手伝いしています。

最終的には私が自律神経を整えるのではなく、あなた自身が自律神経を整えるようなる。

当院で行なっていることは、あなた自身があなたの力で改善していくためのサポートです。

さあ、つらい症状に囚われている状況から、自分の力で解放されましょう。

私がとことんお手伝いさせて頂きます。

改めて、過敏性腸症候群とは

腸の検査や血液検査などで明らかな異常が認められないにもかかわらず、腹痛や腹部の違和感、下痢や便秘を繰り返すなどの症状が長期的に続く病氣です。

以前は過敏性大腸と言われていましたが、近年小腸を含めた腸全体に機能異常があることが分かってきました。

これらの事から過敏性腸症候群(IBS)と言われるようになりました。

 

日本のような先進国のような国に多い病気で、日本人の10~15%が過敏性腸症候群だと言われています。

主に20歳~40歳に多く見られ、男女比は1:1.6でやや女性のほうが多いようです。

 

男性は下痢型が多く、女性は便秘型が多くなります。

原因は何なのか?

正直なところ、ハッキリと分かっていないようですが、

最近では、感染性腸炎の後に発症することが分かっています。

 

抗生剤を服用した後に、症状が軽減することがあるという報告もあり、

細菌感染も考えられるとのことですが、まだまだはっきりしたことは分からなそうです。

 

何かしらの免疫異常なのかなとも考えられていて、近年はSIBO・腸内細菌異常増殖症候群というものがあり、

それがベースになり過敏性腸症候群が起こっているのだはないかという見方も出ています。

 

いずれにせよ、一番はストレスにより症状の増悪が見られるということです。

一般的な治療法は

病院などの一般的な治療は、

・生活指導

・薬物療法

・心身医学的治療

があります。

 

また、頻繁に下痢や腹痛を繰り返すような場合は、他の腸疾患、潰瘍性大腸炎・クローン病などがないか検査してく必要もあります。

以上が現代医学的な一般的な改善方法になります。

これで改善されればいいのですが、
なかなか改善されない方もいらっしゃいます。

そのような場合は東洋医学(鍼灸・整体)が効果的なことが多くあります。

当院の過敏性腸症候群に対する考え方と施術は

過敏性腸症候群に対する考え方は

東洋医学の五臓を中心とした考え方で施術していきます。

過敏性腸症候群のように、ストレスで悪化することが顕著な症状は、気鬱・気滞という状態が多く見られます。

これはストレスなどで体をめぐる「氣」の流れがスムーズに、

伸びやかに流れていない状態です。

自律神経を整える

東洋医学的に考えると陰と陽とも言います。

陰は副交感神経、陽は交感神経。

上の五臓六腑陰陽のバランスを整えることでカラダの自然治癒力は覚醒していきます。

施術法は

陰と陽・自律神経と五臓六腑(主に肝と脾)のバランスをとる施術法として、整体と鍼灸を行います。

整体は骨格を整えることで内臓そのものの位置を正常にさせて機能を改善させます。

鍼灸は体に流れる経絡というエネルギーの通路を調整することで、五臓六腑(主に肝と脾)の内臓同士のバランスを整えていきます。

鍼灸

過敏性腸症候群に行う鍼灸治療は、 内臓につながっているエネルギーの通り道である経絡を使って、 体に流れる氣(電氣)の流れを整えます。

主に下記の3つの手法から適宜選択して行きます。

①小松式高麗手指鍼

高麗手指鍼は鍼灸の師匠である、小松隆央先生から伝授された小松式高麗手指鍼術という、 手指に鍼灸をする事で自然治癒力を活性化し症状を改善させる方法です。

手に鍼・灸などを行うことで、通常の鍼灸術では対応できない疾患にも対応できます。

自律神経疾患・内臓疾患から難病まで対応できる素晴らしい鍼灸術です。

高麗手指鍼についてはこちらを参考にしてください。
小松式高麗手指鍼術とは

②体に流れる経絡・経穴から自律神経・内臓を整える鍼灸

全身に流れる経絡・経穴から自律神経・内臓に作用して、自然治癒力を覚醒させる鍼灸術です。

主に太陰脾経と厥陰肝経という経絡を用いていきます。

当院で行う鍼灸術の中では最も一般的な鍼灸施術法です。

③井穴刺絡

自律神経の調整に特化した鍼術です。

過敏性腸症候群の方は、自律神経の一つである【副交感神経】の働きが過剰になっていることも多く見られます。

その際は、自律神経のバランスを整えるためにこの鍼をしていきます。

 

以上の3種類を使い分けます。

全てを行うわけではなく、高麗手指鍼と他1種類の鍼術を用いて施術していくことが多いです。

整体

 主に頭蓋骨や脊柱(背骨)の歪みを調整して、自律神経の働きを整えていきます。

捻れや歪みがあると全身の循環力が低下してしまい、 血液やリンパ液などが滞りやすくなります。

結果、内臓の機能が低下していることもあります。

背骨が歪んでいると自律神経の働きに支障をきたし、 内臓の機能が落ちてしまいます。

鍼にしても整体にしても非常にソフトな刺激の調整になります。

武学による自律医療

当院では「武学」というものをお伝えしています。

武学とは「孫子の兵法」で有名な「孫武」が2500年前に体系立てたもので、兵術・体術・医術の3つがあります。

主にその中の武学医術を用いて、自分自身で身体をコントロール、調整していけるようにするのが目的です。

武学と聞くと、 「難しそう・・・」 「格闘技?」 と構える方も少なくありませんが、老若男女誰でもできる方法ですのでご安心ください。

通院の目安

よく、どれくらいで過敏性腸症候群が良くなりますか?と聞かれます。

申し訳ありませんが、どれくらいで良くなるかという事ははっきり分かりません。

過敏性腸症候群と言っても症状の強弱、発症からの期間、その方の生活習慣など、条件がバラバラなので個人個人で変わってきます。

ただ、これくらいの間隔で通院すると改善しやすい、ということは経験上お伝えできます。

おおよその治療期間は3ヶ月になります。

ギックリ腰や寝違えのように1、2回施術をすれば良くなるものと違い、中長期的な視点で施術計画を立てていくことが必要になります。

その間の施術ペースは1クール5回までは週2回ペースで通っていただいた場合の方が、改善度・改善スピードも速いです。

3〜5回までの施術で改善の兆しが見られる場合は、継続施術でより改善が見込めます。

実際に改善するのか?

当院に訪れる方は医療機関で治療しても改善できなかった方ばかりです。
・薬を飲み続けていても変わらない。
・一生このままなのではないか。
・どこ行っても治らないだろう。
そう思いながらも、また元氣に仕事をしたい、遊びたい。

という思いで来院される方が多いです。

実際の成果として、9割・10割改善する方もいれば、
7割程度の改善の方もいますし、5割くらいの方もいます。

ただ、どんな方でも、
最短・最速で逆流性食道炎が改善するよう、常に技術の研鑽に勤めています。

可能性は早めに施術を始めるほど広がります。
落ち着いて検討し、心が決まりましたら1日でも早くご相談ください。

5つの理由当院が選ばれている

自律神経の専門家だから

当院は自律神経の乱れが原因と考えられる、自律神経失調症、起立性調節障害、過敏性腸症候群といった悩みを抱える方が遠方からも来院されます。

通常の整体院でこういった症状の方が来るのは稀なため施術経験も少なくなりますが、私は移転前の東京での施術も含めるとのべ000人もの自律神経の乱れに苦しむ方を施術してきた専門家です。

今まで受けたことない施術だから

鍼灸院も整体院も星の数ほどありますよね。

さらに整骨院やカイロプラクティック、マッサージといったお店も合わせるとものすごい数です。
自律神経の乱れにお悩みの方はいろんなものを試されて、それでも改善せず当院にたどり着いたという方がほとんどです。

そんな方にも施術後には「今まで受けたことのない施術です」と言っていただけます。

鍼灸もちょっと特殊な鍼を使います。整体もびっくりするほどソフトです。

施術後の体の変化に驚かれるとおもいますよ。

原因不明の症状に多く対応しているから

病院で検査をしたけど原因がわからなかった。

お医者さんに「異常なし」といわれてもつらい症状は改善されませんよね?
ですが、病院の検査で異常がなかったということは重篤な病気ではなかったということです。

病院の検査で見つかるような病気ではなかったけど、体には何かしらの乱れがあり、それが不調のなって体に現れております。

原因不明といわれてしまった症状をお持ちの方こそ当院にご相談ください。
以外は原因が見つかるかもしれませんよ。

武学のインストラクターもつとめる知識と技術力

全国の整体師、鍼灸師が学びにきている「武学」という技術、考え方があります。

この武学をもちいることで、あなた自身が自律神経の乱れを整えることができるようになります。

私はその武学を伝えるインストラクターの資格を有する。日本でも数少ない鍼灸師の一人です。

自分で自律神経を整えられるようになるから

当院の考え方の根本にある「武学」

これは健康な状態に自分自身に整えることができるために必要なものです。

具体的には

「息」呼吸、「意」意識、「態」姿勢、「動」動き、「言」言葉、「食」食事

この6つの要素を使い、自分自身で自律神経と整えることができるようになっていただきます。

初めての方へ

当院は、他ではなかなか改善しづらかった方たちが多くいらしています。

痛みだけを抑える、痛みの出るところを取り除く… ということを繰り返し、自然治癒力が発動しなくなり、 痛みに悩んでいる方々を施術しています。

したがって症状が出た体の環境を考え、 その環境を変えていくお手伝いをしています。

こういった東洋医学の施術はジワジワと体の中の環境を変えていった結果、 ツライ症状も改善されていく事になります。

常に最善最速で良い結果が出るように全力を尽くしておりますが、 症状を抑えるだけで良いという方、1回・2回での体の改善を求める方には向いておりません。

逆に、今悩んでいる「痛み」「つらさ」を体の中の環境から改善していきたいという方は、是非ご連絡ください。

ホームページ特典は毎月15名様限定となります。

※ホームページ割引適応の場合、初回は施術料金のみの8,000円となります。

高校生以下〜初見料2,000円
施術料6,000円(初回のみ初見料がかかります。)

※高校生以下はホームページ割引適応の場合、初回は施術料金のみの6000円となります。

よくある質問

施術は痛くないですか?
ご安心ください。
当院で行う鍼灸は、霞のようにとても細い鍼か、刺さない鍼である「テイ鍼」を主に使用します。
手の鍼の刺激は、ほんのちょっとだけチクっとしますが、小学生のお子さんでも平気で受けられる程なので全く心配はいりません。

整体「真体療術」は、骨格を無理に動かして矯正したり、関節をボキボキ鳴らすようなことは一切いたしません。
非常に安全な整体で、子供からお年寄りまで施術を受けることができます。

何回くらいで改善しますか?
症状にもよりますし、軽度か重度かにもよります。
またその方の自然治癒力がどれほどかによっても変わってきますので、 一概にお伝えすることはできません。
ですが、多くの方は3、4回ほどで体の変化を体感し、 改善するまでの期間はおおよそ2・3カ月です。
どのくらいのペースで通えばいいですか?
初めは間隔をつけて通っていただいた方が、同じ回数の施術をしたとしても良い結果が出ます。 何事も初めが肝心です
普通の鍼灸と何が違うのですか?
当院で行う鍼灸は、

・高麗手指鍼〜手指に鍼をして脳・内臓を中心とした全身の調整をする。
・井穴刺絡〜指先にあるツボを刺激して、自律神経のバランスを整える。
・アキュゾーン療法〜少ない数のツボ(経穴)で、脳・自律神経・内臓のバランスを整える。

という3つの鍼灸術を状況に応じて使い分けながら施術しています。
特に高麗手指鍼術は九州で行なっている鍼灸師はほとんどいない、とても効果の高い施術法です。

武学とはなんですか?
武学とは2,500年前には既に存在していた原理原則であり、その性質上皇帝や軍師などの国の最高統率者に受け継がれてきたものです。

心・意・体の3つのバランスをとることで、自分を知り無我の境地に至り、自分自身の『軸』を創る。
自律神経の乱れにに何が関係するのか?ということだと思いますが、
自分の軸を創り、ニュートラル・本来の自分の状態でいられる時間が増えると、 人の身体・心は勝手に良い方向に向かっていきます。

雑誌「からだにいいこと」の内臓特集で内臓治療とセルケアに関する取材を受け、アドバイザーとして掲載されました。

福岡のラジオ局「コミュニティ天神」に出演させていただきました。

さいごに、過敏性腸症候群のあなたへ

ストレスがかかると、お腹が痛くなる・お腹が張る・トイレに行きたくなる。

外に出かける時でも、トイレがどこにあるかチェックしてしまう。

またお腹が痛くなったらどうしよう・・・ ツライですよね。

今まで病院に通っても、漢方薬を飲んでも、 心理療法を行なっても改善しなかったのなら、 当院の整体と鍼を受けにきてください。

当院の施術で体が安定することで、 「不安」が「安心」に変わり、心と体の「安定」につながり症状が改善されていきます。

あなたの体を改善するためのスイッチを当院でONにしましょう。

あなたのご来院をお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-934-895

0120-934-895
受付時間
10:00~21:00 (最終受付20:00)
定休日
日曜日

〒810-0073福岡県福岡市中央区舞鶴3-1-13 さくらビル5階